脱毛後のアフターケアと注意点

ワキ脱毛後のアフターケアと注意点

ワキ脱毛後のアフターケアと注意点 ワキ脱毛を行ったら、その後にワセリンなどで保湿をしっかりと行うことが大切です。
保湿が足りないとバリア機能が低下したまま無防備な状態で外的刺激にさらされてしまいますので、トラブルが起こる可能性が高くなります。
保湿を行う際の注意点として、肌なじみの良いものを使うことがとても重要です。というのも、ワキの下は汗をかきやすい部分ですので、いつまでも浸透しないようなものでは雑菌の繁殖が起こりやすい状態になってしまいます。
肌なじみが良いものとはいってもサラッとしすぎていると保湿効果が足りない恐れもありますので、その点が難しいところです。
また、ワキ脱毛後は衛生的に保つことと皮膚の刺激を避けることがとても重要です。
汗をかいたらその都度拭き取ったり、汗の量が多ければシャワーを浴びる必要があるのですが、洗う時に強くこすってしまうと肌への負担となってメラニン色素の生成量が増えてしまう恐れもありますので注意が必要です。メラニン色素が増えれば色素沈着やシミが増加します。
これらの注意点を考慮しながら、アフターケアは丁寧に行いたいところです。
どれだけ丁寧にアフターケアを行えたかで肌の回復のスピードにも違いが出てきます。

脱毛後のアフターケアと注意点

脱毛後のアフターケアと注意点 脱毛後のアフターケアとして忘れてはならないのが毛穴を早急に閉じるために収れんケアです。
これは収れん化粧水を使えば行えます。毛穴が開いたままになると肌中の水分がどんどん失われて乾燥が酷くなります。乾燥が酷くなるとバリア機能が弱まって、トラブルが引き起こされる可能性が高くなります。
収れんケアを行う際に気をつけなければならないのは、処理直後だけ行えば良いものではないということです。一日ケアを行ったくらいでは毛穴は閉じませんので、しばらくはお風呂上りの肌にたっぷりとつけることが大切です。
お風呂上りが最適な理由は、有効成分を肌の奥深くまで浸透させるためです。
また、脱毛後は乾燥肌が悪化しやすいので、保湿ケアもアフターケアの中に取り入れなければなりません。水分が失われると潤い成分の生成も鈍りますので、ハリや潤いも無くなっていきます。
保湿ケアで重要なのは、化粧水をつけたらクリームや乳液で必ず蓋をして蒸発を防ぐことや、保湿効果の高い成分を取り入れることです。
いくら高濃度の成分を取り入れたとしても肌に浸透する前に蒸発してしまえば意味がありませんし、同じような保湿効果を持つ成分にも作用の強いものと弱いものがあります。