医療脱毛のアフターケア

医療脱毛のアフターケアについて

医療脱毛のアフターケアについて 医療脱毛をした後は、キレイなお肌を保つためにも、しっかりとアフターケアすることが大切になります。
家に帰ってからのアフターケアについては、脱毛後のお肌にはほてりが残っていることがありますので、お肌の炎症を防ぐためにも入浴で身体を温めるのは控え、シャワーのみにします。
また、脱毛期間中については、お肌がダメージを受けていますので、シミなどが出来てしまわないように、紫外線による日焼けを防ぐ生活をします。
脱毛によってダメージを受けたお肌には、いつも以上に保湿が大切になります。化粧水や保湿が出来るクリームなどをお肌に塗るようにして、乾燥をしないように防ぐようにすると良いでしょう。
照射した部分が赤くなったりヒリヒリしたりと、炎症を起こしているようでしたら、炎症止めのクリームなどを処方してもらい、それらを塗るようにして下さい。
このように、施術をしたら終わりというわけではなく、家で出来るアフターケアがとても重要となりますので、ケアは怠らないようにすると良いでしょう。

脱毛後のアフターケアの必要性と方法とは

脱毛後のアフターケアの必要性と方法とは 脱毛後にアフターケアを行わないと毛穴がいつまでも閉じなくなる可能性がありますし、肌の回復も遅れます。
毛穴に皮脂や汚れが詰まると余計に閉じにくくなりますので、早く閉じるようにケアを行う必要があります。
また、肌の回復が遅れればバリア機能の低下から様々な肌トラブルが引き起こされることになり、そのトラブルによって日常生活の中でもヒリヒリとした不快な症状が現れたり色素沈着となって残ることもありますので、それらのリスクを考えるとアフターケアの必要性を強く痛感します。
脱毛後のアフターケアの必要性を確認できたら、次に実際の方法を考えていきます。
毛穴の開きには収れん化粧水が有効なのですが、よく浸透させないと効果は限定的になりますのでお風呂上りの肌に毎日すりこむことが大切です。
肌の回復を早めるためには保湿ケアを行って水分と油分のバランスを上手く調節する必要があります。バランスが改善されると肌細胞が活性化されます。