顔脱毛の準備とケア

顔脱毛の準備やアフターケアについて

顔脱毛の準備やアフターケアについて 顔脱毛する前の準備として、顔のシェービングをする必要があります。
やり方として、脱毛する個所を蒸しタオル等で十分に保湿し、ローションや乳液で水分と油分を補給し最後にシェービングをします。
医療レーザーや光脱毛は毛の根元に照射する為、毛が長いままでは上手に照射する事は出来ません。
但し、毛抜きやワックスで毛を抜いてしまうと根元が残っていない為、レーザー等が反応出来ないので注意が必要です。
施術後のアフターケアとしては、レーザー等で毛の組織を破壊している為、強い熱を発しています。見た目では分かりませんが顔の皮膚は熱を持った状態になっており、軽い火傷状態になっているのでクールダウンが必要です。
特に肌の弱い方は、炎症を起こしたり皮膚が腫れたりする場合があります。
また、入浴の際も顔にお湯が掛からない様に注意が必要です。脱毛以外の周囲の肌も熱の影響を受け、皮膚は乾燥状態にあるので低刺激のローションを使用し十分な保湿が必要です。

医療レーザー脱毛を受けたあとのアフターケアについて

医療レーザー脱毛を受けたあとのアフターケアについて 医療レーザー脱毛を受けた後は、肌がいつもより乾燥しやすい状態になるので保湿をしっかりとすることが大切です。保湿をしないで乾燥がひどくなってしまうと肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。
施術後の肌はとても敏感になっているのでお風呂でゴシゴシと洗ったり熱いお湯の湯船に入るのは避け、シャワーだけにします。飲酒も施術をした当日は我慢しましょう。運動も施術当日はしてはいけません。肌が刺激を感じるようなことはしないようにしましょう。
次の日からの入浴や飲酒そして運動は可能です。
脱毛を受けてすぐに毛が抜けるという事ではないのです。
抜けるまでの期間には個人差がありますが、1週間から3週間くらいで徐々に抜けてくるので抜けないからと言って毛抜きで抜いたりという事はしてはいけません。
医療用レーザー脱毛でも、毛のすべてが一度で抜けるわけではなく、毛周期があり成長期の毛にだけ効果があるので抜けなかった毛があるのは普通なのです。
無理に引っ張ったりという事は埋没毛や毛穴の炎症などの原因になるのでしないようにしましょう。